本文へスキップ

床矯正 トレーナー 抜歯しない 歯並びの治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-326-0054

〒512-1211 三重県四日市市桜町1278-3

歯並び・かみ合わせの病気

歯並び・かみ合わせの異常

歯並び異常 かみ合わせ異常歯並びの異常とは、上下各々の歯の並び方が、
スムースでない状態(がたがたになった状態)
のことを言います。
かみ合わせの異常は、上下の歯が全体できちんと
かんでいない(あたっていない)状態のことをいいます。
歯並びがよいからといって、かみ合わせがよいとは
限りません。
したがって、かみ合わせの異常は、素人の方には
良否の判断が困難です。

歯並びの異常・かみあわせの異常は、各々様々な問題を惹き起こすことがわかっています。
また、糸切歯(犬歯)のかみ合わせが最も重要で、犬歯同士が上手くかみ合っていないと、
全ての歯の寿命が縮まる可能性があります。

歯並び異常の種類

以下の説明は、専門家が見ると若干表現に問題を感じるかもしれません。
あくまで素人の方にわかりやすくするために、下記のような表現をしています。

叢生(そうせい)

叢生いわゆる乱ぐい歯(乱杭歯)。
歯並びが、がたがたになった状態です。
主に前歯に起こりますが、奥歯に起こる場合もあります。

八重歯(やえば) [ 上顎犬歯低位唇側転位 ]

上顎犬歯低位唇側転位糸切歯(犬歯)が他の歯より外側に生え、牙のようになった状態。
(右図黄色の部分)
日本ではチャームポイントとされる場合がありますが、
欧米では、八重歯は「悪魔の歯」「ドラキュラの歯」として、
嫌われています。

糸切歯はかみ合わせにとって最も重要な歯と言われています。
その糸切歯がきちんと噛んでいない八重歯の方が高齢になったとき、
殆どの場合多くの歯を失います。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列いわゆるすきっ歯。
歯と歯の間に隙間がある状態(通常永久歯では隙間がありません)。
舌や唇の機能異常が、原因となっている場合が多いようです。

かみ合わせ異常の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突いわゆる出っ歯。
上の歯が下の歯より前に出た状態。
上あごが成長しすぎたり、上の前歯が大きく前方に傾いた場合に
起こります。

下顎前突(かがくぜんとつ)・反対咬合(はんたいこうごう)

下顎前突いわゆる受け口。
上の前歯は通常下の前歯に覆い被さるようにはえますが、
下顎前突では下の前歯が上の前歯より前に並びます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合上の前歯が下の前歯に大きく深く覆いかぶさった状態。
多くの場合、下の前歯が上の前歯の裏側の歯ぐきすれすれに噛み込みます。
睡眠時無呼吸症候群の方の多くは、このかみ合わせです。

切端咬合(せったんこうごう)

上の前歯が下の前歯と先っぽ同士であたる状態。

開咬(かいこう)

開咬かんでも上下の前歯が接触せず、あいたままになった状態。
当然、前歯で食事を噛み切ることが出来ません。
舌や唇の機能異常が原因と言われています。

下あごの左右へのずれ [ 顎偏位 ]

顎偏位下あごが、左右何れかに傾いて、斜めに成長してしまった状態。
当然、顔がゆがんでしまいます。

一部の歯しか接触しない状態

一見綺麗に歯が並んでいるようでも、実は一部の歯しか接触していない場合があります。
素人の方は、多くの場合そのことに気付いておられません。
実はこの状態の方は結構多く、様々な問題(肩こり・頭痛・顎関節症・歯周病など)の
原因となります。

41-hanarabi.com歯を抜かない矯正のサイト

〒512-1211
三重県四日市市桜町1278-3
TEL 059-326-0054
さくら歯科